行政書士 古川豊 法務事務所の「報酬一覧表」(税込み)となります。

●受任に際して見積書をご提示いたします。

●官公庁への手数料、印紙代、通信費、郵便費等の実費は別途必要となる場合があります。

●他の士業(司法書士、税理士、社会保険労務士等、公証人)の報酬は含んでおりません。

●案件の規模により報酬が変動することがございますので料金の目安としてお考え下さい。

●事案内容によっては、着手金をご用意いただくことがございます。

報酬概要(下記以外の業務も取り扱います)

※「各種契約書作成(内容証明郵便含む)」など掲載されていないものについてもお気軽にご相談ください。

サポート内容(手続内容)報 酬 額備 考
農地転用・開発許可※事情複雑な場合、遠方の場合は加算される場合があります(転用後の完了証明の届出までを含む)
農地法第3条許可申請40,000円~
農地法第4条許可申請70,000円~
農地法第5条許可申請90,000円~
農地法第3条届出申請40,000円~
農地法第4条届出申請40,000円~
農地法第5条届出申請40,000円~
農振除外申請90,000円~
開発行為許可申請(第29条)330,000円~
開発行為許可申請(第34条)440,000円~
開発行為許可申請(第43条)220,000円~
建設業許可※申請手数料は別途 事情により加算する場合があります
建設業新規許可(知事免許)110,000円~
建設業新規許可(国土交通大臣免許)160,000円~
建設業各種変更届30,000円~
建設業更新申請(知事免許)60,000円~
建設業更新申請(国土交通大臣免許)100,000円~
建設業決算届30,000円~
業種追加(知事免許)50,000円~
業種追加(国土交通大臣免許)70,000円~
経営状況分析申請30,000円~
宅建業許可
宅建業免許申請(知事免許)100,000円~
宅建業免許申請(国交省大臣免許)150,000円~
宅建業免許更新(知事免許)60,000円~
宅建業免許更新(国交省大臣免許)80,000円~
産業廃棄物収集運搬業許可
産業廃棄物収集運搬業許可申請100,000円~証紙代は別途
産業廃棄物収集運搬業更新申請80,000円〜証紙代は別途
特別産業廃棄物収集運搬業許可申請120,000円~証紙代は別途
特別産業廃棄物収集運搬業更新申請100,000円~証紙代は別途
古物商・飲食店許可、その他許認可
古物営業許可申請30,000円~
飲食店営業許可申請40,000円〜
深夜酒類提供飲食店営業開始届120,000円~
酒類販売業免許申請140,000円〜
風俗営業許可申請165,000円〜
介護タクシー関連申請250,000円〜
一般貨物自動車運送事業許可申請300,000円~登録免許税別途必要
特殊車両通行許可25,000円
補助金申請・会社設立
株式会社設立110,000円~司法書士費用等実費は別途必要
合同会社設立50,000円~司法書士費用等実費は別途必要
NPO法人設立220,000円~司法書士費用等実費は別途必要
電子定款作成認証30,000円~
NPO法人年度事業報告書等作成50,000円~
創業支援サービス(融資・補助金)着手金 30,000円~創業時必要融資、補助金を受けるための事業計画書作成他決定金額の5%が報酬となります
補助金・助成金支援サービス着手金 30,000円~決定金額の5%〜最大10%が報酬となります
離婚、遺言・相続・遺産分割
離婚協議書・示談書サポート40,000円~
自筆証書遺言作成サポート32,000円〜
公正証書遺言作成サポート55,000円~別途公証人手数料及び証人謝礼が必要です。
相続人の調査・確定・相続関係図作成法定相続情報証明制度作成申請代行55,000円〜
相続財産調査・評価額の算定22,000円〜
遺産分割協議書作成55,000円〜相続税が発生しない場合
遺言執行人(遺言執行手続)165,000円〜
見守り契約書作成30,000円~見守り実施 月々3,000円~
財産管理等委任契約書作成30,000円~財産管理実施 月々30,000円~
任意後見契約書作成100,000円~任意後見監督人選任申立100,000円 後見開始後月々30,000円~
死後事務委任契約書作成30,000円~死亡時の費用は作成時相談
家族信託500,000円~資産額によって異なる
入管業務
在留資格認定証明書交付申請120,000円~
在留資格取得許可申請120,000円~
永住許可申請150,000円~
帰化申請190,000円~
再入国許可申請20,000円~
資格外活動許可申請40,000円~
就労資格証明書交付申請100,000円~転職あり
30,000円~転職なし
在留期間更新許可申請80,000円~転職あり
50,000円~転職なし
在留資格変更許可申請120,000円~
複数人割20%引き2人
25%引き3~4人
30%引き5~9人
40%引き10人以上

入国管理局申請取次行政書士に依頼しよう!

入国管理局への申請は、外国人本人が地方入国管理局に出頭して行うのが原則ですが、例外として申請取次制度があり、申請取次者(行政書士等)が必要書類を提出することにより、本人の出頭が免除されます。

「申請取次行政書士」とは、出入国管理に関する一定の研修を受けた行政書士で、申請人に代わって申請書等を提出することが認められた行政書士です。


【申請取次行政書士が取次ぐことができる主な申請】

・在留資格認定証明書の交付申請
(APPLICATION FOR CERTIFICATE OF ELIGIBILITY)

・資格外活動の許可申請
(APPLICATION FOR PERMISSION TO ENGAGE IN ACTIVITY OTHER THAN THAT PERMITTED UNDER THE STATUS OF RESIDENCE PREVIOUSLY GRANTED)

・在留資格の変更許可申請
(APPLICATION FOR CHANGE OF STATUS OF RESIDENCE)

・在留期間の更新許可申請
(APPLICATION FOR EXTENSION OF PERIOD OF STAY)

・在留資格の取得許可申請
(APPLICATION FOR PERMISSION TO ACQUIRE STATUS OR RESIDENCE)

・永住許可申請
(APPLICATION FOR PERMANENT RESIDENCE)

・再入国の許可申請
(APPLICATION FOR RE-ENTRY PERMIT)

・就労資格証明書の交付申請
(APPLICATION FOR CERTIFICATE OF AUTHORIZED EMPLOYMENT)

※帰化申請(外国人が日本国籍を取得するための申請)は、申請者本人と法務局担当官との面談や面接があり、本人出頭が必要となります。
なお、帰化申請の申請先は法務局です。