夏季休業のお知らせ

Businesswoman working in office

今年度の夏季休業は8月11日(木)~8月16日(火)となります。ご了承ください。

夏季休業中もメールは受け付けております

8月度の相談会の第2回目の無料相談会は受付終了しました。

7月度は、産業廃棄物収集運搬業許可、遺言、入管業務についてのご相談をいただきました。

今後、サポートが必要な場合は、ご遠慮なくお申し出ください。ありがとうございました。

時間は1日3組限定ですので、朝、昼、夕の都合の良い時間帯でご予約を承っております。

出張(無料)でのご相談も行っております。ご自宅にも伺います。

まずはメールかお電話でご確認ください。

投稿者プロフィール

古川 豊
古川 豊
1963年武雄市武雄町に生まれる。武雄高校卒業
資格取得予備校において簿記、不動産関連の講師を務めた後、地元に戻り行政書士事務所の開業に至る。

建設業の許可をとろう!

建設業許可をとろう!
工事を請け負うのに必須だよ。
「建設業」とは、建設工事の完成を請け負う者
(軽微な建設工事のみを請け負う場合を除いて)
(元請・下請、法人・個人を問いません)
個人でも大丈夫。

また、建設業は29業種に分類されており、業種
ごとに許可を受ける必要があります。
それぞれに要件がありそれをを満たす必要があります。

(メリット)
この許可を取得することにより、信用力がますますあがります。
逆に、無許可で請け負った場合は、重いペナルティが課せられるのも事実です。

許可を得ずに500万円以上(建築一式は1,500万円以上等)の工事を請け負った場合は、建設業法違反となり、懲役刑や罰金刑が科せられることになります。(これ未満だと軽微な工事となります)

【建設業許可要件】~5つの要件~

建設業許可を受けるための要件

1.経営業務の管理責任者がいること
 
2.営業所ごとに専任技術者がいること

3.誠実性があること

4.財産的基礎又は金銭的信用を有していること

5.欠格要件に該当しないこと
  
これら、要件をクリアできれば、晴れて建設業許可が取得できます。要件に該当するかどうかについては、細かく規定があるので、該当すると思っていてもダメな場合も多いので、よくよく準備確認をして申請をせねばなりません。